パイザカジノでアカウント凍結にあわないために

真面目にゲームをしている人にはほぼ関係のない話でしょうが、パイザカジノではアカウントの凍結という目にあうこともあります。もしそうなったからといって逮捕されたりするようなことはないでしょうが、せっかくそれまで稼いだお金を出金できなくなったり、もう二度とパイザカジノで遊ぶことができなくなったりする可能性もあります。真面目にゲームをしていればまず関係ないと書きましたが、うっかりミスによって、あるいはこの程度であれば問題ないだろうと軽く考えていた結果としてそういう事態に陥ることはあり得ますので、これは誰もが知っておいて損のない話でもあります。

このような事態に陥る一番の原因は、最初のアカウントの登録時に真正なデータを入力しないことにあります。住所や氏名、生年月日などのデータは正確に入力するようにしましょう。特に氏名については、パスポートやクレジットカードの表記とたとえ1文字でも異なっていると真正なデータと見なされない可能性があります。生年月日について、登録できる年齢に達していないからという理由で虚偽のデータを入力するなどは論外です。

ましてや、友達のデータを勝手に入力してその友達に成りすましてログインするとか、そもそも存在しない架空のデータを入力するなどは犯罪行為にも匹敵するもので、アカウントの凍結にあっても全く文句は言えません。これらのデータは、入力時点では分からなくても、本人確認書類と突き合わせをした時点で真正なものかどうか明確に分かってしまいます。仮にも現実のお金が動くゲームをするのですから、いい加減な気持ちでいると足元をすくわれるのは間違いないでしょう。しっかりと注意してアカウント作成をすることが大事です。